成人式は地域によって開催日が違う?春やお盆に開催?振袖を着る由来や歴史は?

こんにちは。TAFです。

1月15日は成人の日と定められていました。

現在は1月の第二月曜日とされています。

元々、なぜ15日だったのでしょうか。

そして、1月以外に開催する地域は

どれくらいあるのでしょうか。

そして振袖を着るのには理由があるのでしょうか。

日本の大切な風習である成人の日

についてまとめてみました。

成人の日は元々なんのための日?

元々は、平安時代の公家社会で

行われていた儀式でした。

貴族や、上級官人のための儀式だったのですね。

現在は20歳で成人となりますが、

当時は男性が13歳〜15歳、

女性が13歳〜16歳

大人としての通過儀礼として

行われていました。

男性は【元服】女性は【裳着】

その服装として

男性は髪の毛を大人の髪型に結い上げ、

冠をかぶり大人の服装へと着替えます。

また、幼名から新しい大人の名前へと

改名もしていました。

これを元服と呼んでいますが、別名で

加冠(かかん)、初冠(ういこうぶり)

とも呼ばれます。

女性の場合は、

腰から下にまとう衣服を身に付け、

子供の髪型から大人の髪型に

変更していました。

この衣服を裳(も)と呼ぶので

裳着という成人式を行っていました。

江戸時代には、庶民の間にも成人の儀式が浸透し

貴族以外の場合は

前髪を切り落とすだけに簡略化されていたようです。

これは「前髪落としの祝」と呼ばれていました。

散髪したら成人というのも

今の時代から考えれば少し寂しいですね。

スポンサードリンク

成人の日の意味は?成人式は埼玉県発祥?

「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」(祝日法・第2条)

先輩が新成人を励ますための日が、

成人の日と定められています。

ちなみに、成人式は強制的に開催するものではなく、

全国で一番最初に成人式を執り行ったのは

埼玉県蕨市だと言われています。

1946年に「青年祭」として行われています。

敗戦後の日本を盛り上げよう、

若者に希望を持たせようという意図から

開催されたという事です。

成人式の意味は?なぜ1月15日なのか?

成人の日が115日に定められた理由は、

先述の『元服の儀』は、

新年最初の満月に行う風習があり、それに由来しているためです。

2000年には祝日法改正(通称:ハッピーマンデー法)

によって「成人の日」は

1月の第2月曜日となりました。

ちなみに、第3月曜日が選ばれなかったのは

1月17日が「防災とボランティアの日」で

阪神・淡路大震災が起きた日だから

とされています。

1月1日が土曜日の年は、

1月17日が第3月曜日となります。

成人の日と重なってしまうんですね。

2022年には18歳で成人式?

成年の年齢が20歳から18歳に引き下げられる事が

決定しました。2022年4月に執行されます。

2002年生まれですと2022年に20歳ですが、

その時点で成人から2年も過ぎている事に

なりますよね。

2003年度生まれの19歳と

2002年度生まれの20歳が

成人の日を迎えられなくなってしまいます。

この対策として、

・2002年度〜2004年度生まれの3年間分の

 成人式をまとめてやる

・日程をずらしたり、前倒しにする

などが検討されています。

3年分一気にやりるとなると、凄い混雑が予想されますね…。

なぜ、成人式では振袖を着るのか?

振袖を多くの女性が着るようになったのは、

江戸時代からだと言われています。

当時、長い袖が素敵だと

若い女性達の間で流行っていたようです。

その後、未婚の女性が

男性から告白をされた際に

袖を振ってそれに答えたとされています。

袖を左右に振れば、OKの返事だったのですね。

ゆらゆらと揺れる袖が返事だなんて、

なんとも風流なやりとりですよね!

なお、袖を振る行為には厄除けもある

という事から、大切な門出の日に

厄を落とし身を清める意味があるそうです。

スポンサードリンク

既婚者は振袖で成人式に参加しても良い?

現在ですと、

振袖を着るのは未婚女性、

留袖を着るのは既婚女性

という風習がありますよね。

なので、既婚女性が振袖を着る事自体、

マナーに反すると思われる事もあります。

ですが、現在は既婚者でも、子供がいても

成人式には振袖で参加しても構わないという

風潮が強いようです。

人生に一度の大事なイベントです。

気にせず振袖で参加しても構いません!

ですが、参加される地域によっては

肩身の狭い思いをすることもあるかもしれませんので

事前に着物屋さんや衣裳店さんなどに

確認しておくと良いでしょう。

元々は、男女共に振袖を着ていましたが、

前述の男女の駆け引きに袖を使う事から、

既婚、未婚の区別をはっきりさせる

流れができたのかもしれません。

成人式は成人の日に行わなくても良い。春やお盆に開催する地域

特に、豪雪地域では、足元が悪く参加しづらい事から

春に開催したり帰省して集まりやすいお盆に

開催する地域があるようです。

なお、県内でも各市町村によって

開催日はバラバラです。

自治体が日程を指定しているようですね。

例えば、新潟市は全市合同開催が

1月13日ですが

新潟市秋葉区と南区は5月3日開催となっています。

(2019年)

長野県でも、5月と8月の開催が

約半数を占めているようです。

ですが、青森県はほぼ1月13日開催です。

これにはビックリです!

いや、これが一般的な日にちなんですがね、

雪国で頑張るなぁと。

岩手県も8割が1月13日でした。

ちなみに隣接する秋田県では8割ほどは8月開催でした!

変わった時期に開催するよ〜という

情報がありましたら教えていただきたいです。

まとめ

日本の伝統行事を紐解けば

それぞれに意味がある事がわかりますね。

新成人のみなさん、おめでとうございます!

今回も最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする