おせち料理といえば?食欲そそる重箱の中身その全てに意味がある?

こんにちは。TAFです。

今回はお節料理について

まとめてみました。

一言でお節と言っても、

風習や素材の意味などなど…

奥が深いんですね。

そもそも、お節料理ってなに?

「おせち」とは

「御節供(おせちく、おせつく)」

「節会(せちえ)」の略で

中国から伝わった五節供

由来するのだとか。

五節供とは、一年間の五つの節句の事です。

人日(じんじつ)(=一月七日)

上巳(じょうし)(=三月三日)

端午(たんご)(=五月五日)

七夕(しちせき)(=七月七日)

重陽(ちょうよう)(=九月九日)

季節ごとの食物を神様にお供えし、

節日を祝うという儀式です。

元々、この祝儀料理の

全てを指していたようですが、

そのうち最も重要と考えられた

正月料理を指すようになりました。

現在の、お重に詰めるスタイルは

第二次世界大戦後にデパートなどで

見栄えの良いよう

重箱入りの御節料理を発売した所以という説と、

江戸時代の文化・文政年間の

料理茶屋での料理の影響を受けている

という説があります。

お節料理の中身と三つ肴の違い

お節料理の基本は次の通りです。

祝い肴三種(三つ肴、口取り

煮しめ

酢の物

焼き物

『口取り』とは、酒の肴の事だそうです。

お重の一段目に入れるのが基本で、

かまぼこ、栗きんとん、昆布巻き、魚の甘露煮などが

当てはまるようです。

さて、三つ肴の内容ですが、

関東と関西で違うようです。

関東では、

黒豆

数の子

ごまめ(田作り)

なのに対し、関西では

黒豆

数の子

たたきごぼう

なのだとか。

東と西で違うとは知りませんでした。

スポンサードリンク


お節料理のお重構成と中身の意味

お重の構成はこのような形が

一般的だそうです。

【四段重の場合】

一の重:祝い肴のうち三つ肴と口取り

二の重:焼き物

三の重:煮物、もしくは酢の物

の重:酢の物、もしくは煮しめ

四じゃなくて与なのですね。

やはり四は縁起が悪いという事で、

『与』なのでしょう。

【五段重の場合】

一の重:祝い肴

二の重:口取り

三の重:鉢肴、あるいは海川の幸、または焼き物

の重:煮しめ(山の幸の煮物)

さて、残りの五の重ですが、色んな説があるようです。

・実際には詰めることはしない

・なますや酢の物を入れるとする

・多めに詰める、もしくは家族の好物を詰める

地域によって?詰め方が変わるのでしょうね。

ちなみに、一段には5品、7品、9品と

縁起の良い奇数の料理が詰められます。

代表的な料理とその意味

鰤は、「出世魚」の代表格です。

立身出世を願う縁起物とされています。

海老

長寿を祈願した縁起物

ひげが長く、腰が曲がっている様子に

由来しています。

黒豆

黒く日焼けするほど、達者(マメ)に働けるようにと

無病息災を願っています。

栗きんとん

金団とは金色の団子の意味です。

金銀財宝を意味し、金運を願っています。

かまぼこ

形が、初日の出に似ているという事、

紅白の色で縁起が良いとされています。

伊達巻

巻物に似た形から、

文化・学問・教養を持つことを願っています。

昆布巻き

喜ぶの語呂合わせです。

なます

紅白の水引にあやかっています。

めでたいの語呂合わせです。

金柑

財宝として金冠を意味しています。

数の子

卵の数が多い事、

ニシンは「二親」に通じることから

五穀豊穣と子孫繁栄を願っています。

叩きごぼう

地中に深く根を張る事から

豊作と無病息災を願っています。

スポンサードリンク

まとめ

一言でお節と言っても、色々な風習や

縁起担ぎがあるのですね。

なお、お節料理が日持ちするメニューが多い理由は

普段からよく食事を作る女性に、

正月三が日くらいは休んでもらおうという配慮と、

「神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはならない」

「火の神である荒神を怒らせないために、正月に火を使わない」

など、平安後期からの風習のためのようです。

現在は大晦日でも元旦でも、

お店が開店している事が通常となりましたが、

以前はお正月に開いているお店はありませんでした。

そのため、日持ちする料理が必要なんだ

とばかり思っていましたが違いました。汗

あー難しい事書いてたらお腹空いてきた!

ウンチクもいいけど、お節もね!

最後までお付き合いいただき

有難うございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする