ひょっこりはんが著作権侵害でMusMusから抗議される?無断で素材を二次配布?

こんにちは。TAFです。

芸人で人気上昇中の

ひょっこりはんさんが

著作権侵害で抗議されているとの事。

どのような内容なのか

調べてみました。

ひょっこりはんさんについてはこちら

ひょっこりはんは元ダイキリだった?高学歴で大卒?ダウンタウンDX出演

著作権侵害で抗議を受けているひょっこりはん

ひょっこりはんさん(@hyokkorihan)がシェアした投稿

「はい、ひょっこりはん」のフレーズと

顔を『ひょっこり』と覗かせる

芸で人気のひょっこりはんさん。

ひょっこりはんさんのネタで

BGMとして使用していた

「sonorously box」という曲が

著作権違反に当たると

『MusMus(ムズムズ)』

から抗議があったようです。

こちらから楽曲が聴けます。

sonorously boxとはこんな曲

出典:MusMus

スポンサードリンク



MusMusって何?

『MusMus』は、管理人であるwatsonさんが

個人で運営している音楽素材のサイトです。

個人で作曲、演奏、録音までされているようで

利用規約の範囲内であれば、

誰でも自由に無料で使用できる

という比較的著作権に関しては

緩やかな制約となっているサイトのようです。

禁止事項として、トップページには

MusMusの楽曲をそのまま

BGM以外の目的に

使用することはご遠慮ください。

( 楽曲の2次配布など )

や、

MusMusの楽曲を

使用していることを

あなたのコンテンツに

表示してください。

などの記述があります。

著作権侵害の抗議内容

では、今回ひょっこりはんさんの

何がダメだったのでしょうか?

watsonさんによると

    • 著作権表記をしてない
    • 著作権表記しない場合の使用料が未払い
    • 他企業に「フリー音源」として二次配布した

事が問題であると抗議されています。

先述のように、今回抗議されている

上記の禁止事項については、

トップページにしっかり記載されています

watsonさんは、2018年4月上旬に

二次配布されている事に気づき、

同月ひょっこりはんさんにコンタクトを

取られたようです。

「後追いでも、規約に準じていただければ

それで良い」

という内容の連絡をされたのだとか。

寛大な対応だと思います。

その後、2018年5月末

watsonさんからの指摘があったためか、

楽曲が改変されて販売されている

のを知ったそうです。

同時期に抗議と販売停止に至ったそうですが、

抗議から1週間何も音沙汰がなかった

とされています。

watsonさんの辛いコメントがあったので

あとはそのまま引用させていただきました。

そもそも「二次配布」は違反の中でも被害が大きいとても悪質なものと考えていますが、きちんと対応いただければ不問にするということ自体当方の好意でしかありませんでした。
今回気づいた楽曲改変・無許可販売はそれを足蹴にされたという思いで非常にショックを受けています。

ですが、吉本のような大企業のことですからおそらく著作権関連の強力な顧問がついていることでしょう。
当サイト管理人のような個人が訴訟を起こしても結果は見えています。

普通に連絡して対応いただけないのであれば、もはや著作権侵害であることを皆さんに周知し認識してもらうしかありません。

引用:ひょっこりはんによる当サイト楽曲への著作権侵害について 

大きな企業相手に訴えても、個人が勝てる訳がない。

このまま自分が作った作品を

無許可で販売されても

黙って見過ごすしかないのか?

そんなどうしようもない思いが

強く伝わりました。

スポンサードリンク



著作権問題、解決へ

*追記*

6月3日の更新にて、

『MusMusの楽曲と類似楽曲の使用・販売停止』

『二次配布した先への音源取り扱い訂正連絡』

について、吉本興業側から

了承をいただいたという報告がありました。

watsonさんの意向により、

今回の件に関して

一切の金銭は受け取らないそうです。

出典:MusMus

無事に解決したようで安心しました。

まとめ

連絡さえきちんとすれば、

ここまで大きな話題には

ならなかったのではないでしょうか?

個人運営だし、大丈夫だろう

という考えもあったような気がします。

管理人さんも、そこを薄々感じたからこそ

傷ついているのかもしれません。

今回も最後までお付き合いいただき

有難うございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする