穴井雄大(タケヒロ)のアソコが臭い病気?羽生結弦も経験した尿膜管遺残症?仰天ニュース

同じ病気になった金メダリストは羽生結弦!?

出典:Instagram

2014年12月30日に緊急手術を受けた

羽生結弦(はにゅうゆづる)選手。

その病名が『尿膜管遺残症』でした。

誰もが知るフィギュアスケート金メダリスト羽生選手も

穴井さんと同じく、しばしば腹痛に苦しんでいたようです。

吐き気をもよおす程、体調が悪くなった事もあったそうで、

かなり辛かったみたいですね…。

放っておくと、腹膜炎を引き起こす怖い病気です。

羽生くんの場合、約二週間の入院治療を受け

1ヶ月半の安静加療からの復帰となったようですね。

よほど症状が重かったのでしょうか。

穴井さんの一週間で退院とは違うようです。

まとめ

穴井雄大は2018年8月6日に『尿膜管遺残症』の

手術を受け、5日程で退院していた。

現在、中村一馬とガッチキールで活躍中。

尿膜管遺残症になった金メダリストは、

羽生結弦だった。(2014年発症)

…という事がわかりました。

番組ではどんな話があるのでしょうか?

今回も最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

☆同番組のこちらの記事も合わせてどうぞ☆

 t-taf.com 
TAFの明日から使えるネタまとめ
https://t-taf.com/idol/satoseira/
色んな話題にちょっぴり雑学混ぜて綴ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする