くら寿司炎上動画!高校生バイトがゴミ箱に入れた刺身をまな板に戻す

こんにちは。TAFです。

また出たか〜!

今度はくら寿司です。

高校生のアルバイトが、

ゴミ箱に魚の切り身を投げ入れて

それをまな板に取り出す行為の動画が

波紋を呼んでいます。

どんな内容だったのかまとめて見ました。

Sponsored Link

話題になった動画はこちら

大阪府守口市の店舗で撮影された動画が

拡散され問題となっています。

出典:youtube

13秒ほどの短い映像の中で、

切っていた刺身を何を思ったか

突然背後のゴミ箱にポーン!

と投げ捨てています。

この魚、特に痛んだり腐ったり

しているようには見えません。

(もし、そうだったとしたらお店の品質管理に

問題がありますけど)

この切ったばかりの魚を無造作に

ゴミ箱に投げ入れる行為が

もうこの時点で「何ぃ!?」と思ってしまいますよね。

その後すぐにゴミ箱から刺身を

拾い上げるのですが、

またもや無造作にそのまま、まな板へ!!

この切り身は、お客さんには

提供されなかったようですが。

それで、あぁ良かった〜!ではないですよね。

ゴミ箱についていた細菌が魚につき、

それがまな板に付着しているんじゃ!?

そのまな板、そのまま他の魚でも使って

お客さんに提供したの!?

…など、疑惑が尽きません。

ネット上の声とくら寿司の謝罪

くら寿司は、

「お客さまに大変不快で不安な思いをさせてしまいました事を

深くお詫び申し上げます」 と謝罪をした上で、

「従業員教育の徹底と再発防止に全力で取り組んでまいります」

とコメントしています。

今回の動画から、ネットでは…


PDFでの公開に、疑問の声も上がっているようです。

Sponsored Link

そして、今回の動画に関わった高校生の

素性も上がってきています。

N高校の高校生Tという噂ですが、

本当だとしたら賠償責任を負う事になるんでしょうか。

高校生ですからね、責任をとるとしたら

親御さんでしょうけども

賠償金は1000万を超える可能性もあります。

類似事件では倒産も!バイトテロ倒産は防げる?

「ピザーラ」のフランチャイズ店「ワンダー」では

約2億5050万円の売上高があったものの、

アルバイト店員が冷蔵庫に入る、

厨房のシンクに座り込むという

不衛生な画像の拡散から倒産に追い込まれました。

負債総額は約2億400万円だったそうです。

そば店の「泰尚」 も、大学生が洗浄機に

体を突っ込む画像を出して炎上。

倒産に追い込まれました。

そば店の店主は「このバイトを一生許せない」と

悔しさを滲ませていました…。

Sponsored Link

企業の取れる対策としては

・就業場所の撮影を禁止する

・就業場所についてのSNSを禁止する

・そもそも、就業中はスマホを現場には

持ち込ませないなど

何かルールを決めて防衛策を講じなければ、

あっと言う間に倒産に追い込まれてしまう危険性がありますね。

アルバイトしているお子さんを持つ親御さんも、

莫大な賠償請求をされない為にも

考慮が必要かもしれません。

怖いですね…。

まとめ

高校生のアルバイトが

悪ふざけで出した動画に非難が集中した。

それを受け、くら寿司はPDF文書で謝罪した。

…が、行きたくないと言う声が多数。

悪ふざけSNSの嫌なニュースでした。

人手不足だし、雇えば炎上させる子もいるし

企業の人員管理が益々大変な時代になった気がします。

今回も最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする