勝谷誠彦が劇症肝炎で死去。アルコール依存症?ホモ疑惑と西原理恵子との仲

こんにちは。TAFです。

今朝、勝谷 誠彦さんが亡くなられたという

報道がありました。

コラムニストであり、多くの著書も出版されている

勝谷誠彦さんについてまとめてみました。

スポンサードリンク

勝谷誠彦さんのプロフィール

View this post on Instagram

国士無双常連様・・・。 2018-05-03

勝谷誠彦さん(@katsuyamasahiko)がシェアした投稿 –

出典:Instagram

名前:勝谷誠彦(かつや まさひこ)

生年月日:196012月6

出身:兵庫県

血液型:A

学歴:早稲田大学第一文学部

家族:勝谷友宏(弟:内科医

勝谷誠彦さんにはお兄さんがいたそうですが、

亡くなられているらしいです。

「たかじんのそこまで言って委員会」や

「スッキリ」に出演し、コメンテーターとして

活躍していました。

「代案を出せ!」「ディアスポラ」「平壌で朝食を」

など、多数の著書も出版されています。

勝谷誠彦さんの病気は?うつ病やアルコール依存症?

12月中に、勝谷さんが自ら依存症を認め、
然るべき施設への入所を承諾しない場合は、
12月末日をもって、『勝谷誠彦のxxな日々。』を終了いたします。

引用:勝谷誠彦のxxな日々。

こちらのお知らせは11月27日に記載されていました。

この時には、まだ勝谷誠彦さんが亡くなられる

予兆はなかったのでしょうか…。

自らの依存症とは、やはりアルコール依存症かと思われます。

なお、2015年5月頃には、うつ病と診断されていたようですが、

寛解されていたようです。

自らのうつ病体験も綴られていました。

2018年8月21日に激痛から診療を受け

そのまま集中治療室に入られました。

回復傾向にもあったようですが…

2018年11月28日1時48分に亡くなられました。

原因は劇症肝炎?どんな病気なのか

「腹痛と膨満感で、3分ほども座っていられない」
「まえ屈みだと、右脇腹に激痛が走る」

というほど、肝臓に負担がかかっていたと見られます。

劇症肝炎とは、体にとって有害物質の解毒を行い、

排泄する役割をもつ肝臓の

幹細胞が大量に壊れる事による機能低下

による病気です。

続きはこちら

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする