朝丘雪路の病気は認知症?津川雅彦と卒婚で娘が苦労!病気画像とは?

こんにちは。TAFです。

女優の朝丘雪路さんが亡くなられていたと

5月20日に報道がありました。

亡くなられたのは4月27日で82歳でした。

心よりご冥福をお祈り致します。

朝丘雪路さんがどのような方だったのか

まとめてみました。

朝丘雪路さんのプロフィール

Masaharu Ookoshiさん(@ms0054)がシェアした投稿

美しいですね〜。

昔から、美しいけど

どこかチャーミングな方だったのですね。

名前

朝丘 雪路(あさおか ゆきじ)

(旧姓:藤田)

本名

加藤 雪会かとう ゆきえ

別名義

深水 美智雪しんすい みちゆき

生年月日

1935年7月23日

出身地

東京都中央区

身長

158cm

血液型

B型

朝丘雪路さんのお父さんは

伊藤深水(いとうしんすい)さんであり

浮世絵師、日本画家だそうです。

Keiko Yoshidaさん(@okeiko.yoshi)がシェアした投稿

伊藤深水さんの作品がこちら。

なおモデルは、朝丘雪路さんだそうです。

朝丘雪路さんは非嫡出子

(婚姻関係にない女性との子供)

だったそうですが、お父さんの伊藤深水さんに

溺愛されており、小学校に通うのも

養育係と人力車で通学していたという

お嬢様であったとか。

1952年に宝塚歌劇団に入団し、

月組で娘役として活躍されていました。

1967年青森県の内科医師と結婚され、

長男を出産されたものの

1968年には離婚されました。

お子さんは、この時の旦那さんが

引き取られたようです。

舞台、映画、バラエティー、歌手と

色んな役をこなされていました。

お嬢様育ちのためか、

おっとりとしていて、

どこか天然と思えるような

常識はずれの発言で

多くの人から愛されていました。

バラエティ番組にも多数出演されていました。

スポンサードリンク



夫の津川雅彦さんとの関係

津川雅彦さんが朝丘雪路さんと

初めて出会ったのが17歳の時であり、

その時すでに朝丘雪路さんは

結婚されていたようです。

津川雅彦さんは当初は

遊び目的だったらしいのですが、

次第に朝丘雪路さんに惹かれ

「あなたの声の一言一言は口から出る真珠のようだ」

と口説き3日も通いつめてプロポーズしたのだとか。

二人は1973年に結婚します。

翌年1974年3月18日に

長女の真由子さんが誕生します。

コキアオバ(kokiai)さん(@kokiai68)がシェアした投稿

左が真由子さんです。

真由子さんは1974年に身代金誘拐されています。

これがきっかけとなり

津川雅彦さんは真由子さんを

溺愛するようになったのだとか。

驚くべきことに、

津川雅彦さんは娘が30歳になるまで

一緒にお風呂に入っていたという事です!

毎日寝る前には、ベッドで一緒に

おしゃべりしていたとか。

朝丘雪路さんの病気と画像?

浦﨑 明彦さん(@uracchi.aibou)がシェアした投稿

2008年末、朝丘雪路さんと津川雅彦さんは

『卒婚』という道を選びます。

結婚はしているものの、互いに干渉せずに

それぞれの人生を自由に謳歌するという夫婦関係です。

2014年に、朝丘雪路さんは

突然セリフを覚えるのに苦労し始め、

気力がない、気持ちの浮き沈みが激しい事から

アルツハイマー型認知症と診断されたようです。

一人娘の真由子さんがつきっきりで看病にあたり、

津川雅彦さんは自宅までは行かなかったものの

通院には付き添ったと言われています。

津川雅彦さんも現在78歳で、

二人が別居している事から

真由子さんは二人のために

家を行き来する生活を送っていたようです。

お手伝いさんの手を借りているとは言えども、

物凄く大変な日々を送られていたでしょうね。

朝丘雪路さんの病状も悪化し、

娘の真由子さんを認識できなくなっていたのだとか。

日々、辛かったのではないでしょうか…。

なお、朝丘雪路さんの

病気画像について話題に上がっていましたが、

そのような画像は実際にはなく

出所は不明です…。

なんでそんな話題が上がったのでしょうか…。

まとめ

津川雅彦さんも、娘の真由子さんも

朝丘雪路さんの容体が急変したと聞いて

駆けつけたそうですが、

朝丘雪路さんの臨終には

間に合わなかったようです。

津川雅彦さんからは、

朝丘雪路さんには「感謝だらけ」だと

取材に応じられていました。

離れていても、色んな夫婦の形や

家族の形があるのでしょうね。

今回も最後までお付き合いいただき

有難うございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする