赤木春恵の晩年と福山雅治。娘(野杁泉)や俳優の孫(野杁俊希)本も出版

こんにちは。TAFです。

『渡る世間は鬼ばかり』

『3年B組 金八先生』などに出演し、

2018年に亡くなられた大女優の赤木春恵さん。

赤木春恵さんの晩年について

爆報!THEフライデーにて

娘さんが語られるようですね。

緊急出演する

「3年B組金八先生」の共演者とは誰でしょうか?

赤木春恵さんについてまとめてみました。

スポンサードリンク

赤木春恵さんプロフィール

出典:ペコロスの母に会いに行く

名前:赤木春恵(あかぎ はるえ

本名:小田 章子(おだ あやこ

旧芸名:赤木 春生(あかぎ はるみ)

生年月日:1924314

出身地:満州国新京特別市

(現在の中華人民共和国吉林省長春市

血液型:B型

身長:152cm

所属:オフィスのいり

赤木春恵さんの父親は

南満州鉄道(中国)の産婦人科医

でしたが、赤木春恵さんが

3歳の時に他界しています。

なお、赤木春恵さんは旧芸名として

赤木 春生を名乗っていましたが、

ハルオとも読めるので

男か女かわかりづらいので、

春恵を勧められたという理由から

赤木春恵に改名されたようです。

勧めたのは、大映の大御所である

片岡千恵蔵さんだったそうです。

若い頃の赤木春恵さんがこちら。

出典:http://lifes-bright.com/akagiharue-genzai-byouki

物凄く美人ですね!

キリッとされた目元が涼しげです。

スポンサードリンク

赤木春恵さんの病気や死因について

赤木春恵さんは2018年11月29日に

心不全のため亡くなられました。

94歳でした。

法名は『圓優院釋尼春慧』

で、『春』という字が入っています。

2015年に自宅で転倒して骨折されました。

その時の診察でパーキンソン病が発覚し

2017年には要介護4で、

ずっと娘さんが介護をされていたようです。

パーキンソン病は

脳の幹にあたる黒質という部分の神経細胞が次第に減少し、その神経が働くときに使うドパミンという物質が減ることによって起こる病気です。

このドパミンが運動機能を司っているため

減少すると運動障害が起きるようです。

具体的には、手足の震えだったり

体が緊張するような症状が出るとされています。

夫は映画プロデューサーの栄井賢さん

赤木春恵さんの夫は、

映画プロデューサーの

栄井賢(さかい けん)さんです。

(本名は小田 賢五郎)

栄井賢さんは1991年に

肺ガンのため他界されています。

1947年には結婚され、

二人の間には一人娘の

野杁泉さんがいます。

娘の野杁 泉(のいり いずみ)さんについて

出典:http://lifes-bright.com/akagiharue-genzai-byouki

赤木春恵さんの娘は、野杁 泉(のいり いずみ)さんです。

旦那さんは、株式会社オフィスのいりの社長

野杁 和俊さんではないかと思われます。

野杁 泉さんも、オフィスのいり

にて働かれているのだと思われます。

また、俳優の国広富之さんと野杁 泉さんは

幼馴染のような関係で仲が良かったそうです。

お互いの親同士が、以前から付き合いがあるため

よく遊んでいたようですね。

なお、オフィスのいりには、

赤木春恵さんの他に

川崎麻世さんなども所属しています。

スポンサードリンク

孫は俳優の野杁俊希(のいり としき)さん

出典:http://lifes-bright.com/akagiharue-genzai-byouki

名前:野杁俊希(のいり としき)

生年月日:1989年1018

出身地:東京都

身長:178cm

出演作品には

  • CX 金曜プレステージ「浅見光彦殺人事件」井上刑事役
  • EX「ハゲタカ」2・3話
  • EX 「相棒 season17」第8話

などがあります。

赤木春恵さんの晩年は?福山雅治さんと文通

赤木春恵さんは、自ら公言するほどのイケメン好きで

スポーツ界や芸能界のイケメン達が

心の支えとなっていたようです。

その中でも、福山雅治さんとは

『そして父になる』の受賞式で

1度会った事をきっかけに文通がスタート。

文通というところが、

何とも味わい深いですね。

赤木春恵さんの最後の主演映画の舞台と

福山雅治さんの出身地が長崎県という

共通項から、文通で友情を深めたようです。

とても貴重なきっかけから、二人は

親密になっていったみたいですね。

他にも、サッカー選手の長谷部誠さん、

相撲の貴源治さん

出典:instagram

田原俊彦さんなど

ホントにイケメンがお好きだったようです。

赤木春恵さんの出版本

『おばあちゃんの家事秘伝』

こちらは1983年にベストセラーとなった本です。

祖母や母から、知らず知らず

教えられてきた炊事・洗濯・掃除に関する

多くの知恵が詰まった一冊です。

多忙な主婦であり

赤木春恵さんならではの視点で

まとめられています。

『あせらず、たゆまず、ゆっくりと。』

取材が苦手だという赤木春恵さん。

骨折が原因で、悪かった足に決定打を与えてしまい

時間はたっぷりあった事から、

人生で最後の出版に取り組まれました。

赤木春恵さんのエピソードが、

少しでも読者の役に立てばという想いから。

『新たな可能性を引き出してくれる

師匠の存在が人生を変える』

と記述されており、

赤木春恵さんにとっての師匠は

森繁久彌さんだったそうです。

また、橋田壽賀子さんとの出会いで

人生が変わったとも綴られていました。

『渡る世間は鬼ばかり』だけでなく、

『おんな太閤記』や『おしん』、『いのち』

など、多くの作品を

橋田壽賀子さんと作られてきた事がわかります。

まとめ

多くの方に慕われ、

厳しい役柄を演じながらも

優しくて暖かい人だった

赤木春恵さん。

爆報!では、知られざる晩年のエピソードが

紹介されるのだと思います。

放送が楽しみですね!

今回も最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

☆関連のあるこちらの記事も合わせてどうぞ☆

【鷲津名都江さん】

【江口ともみさん】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする